金融機関に勤務した経験を持ち、金融など様々な業界のビジネスパーソンの支援に携わってきた公認心理師・臨床心理士/東京・日本橋至近のオフィス
お知らせとコラム・マインドストレッチ

ビジネス&心理

第163回 仕事のメール急増とストレス

皆さんの職場ではメールのやりとりが増えていませんか?ちょっとした行き違いをメールで修正することが難しく、結果的に相手と感情的にこじれてしまったという話が以前より増えているように感じています。 一般社団法人ビジネスメール協 …

第160回 その時間の見積もり、甘くないですか?~計画錯誤

部下や同僚との仕事のやり取りで、「大丈夫、間に合いますというので待っていたが、直前になって間に合わないと言われてストレスだった」というお話しをよく伺います。 期日を伴う仕事を行う時、本人は当然計画を立てているはずなのです …

第150回時間管理の仕方にもパーソナリティがある?

年度末の繁忙期、挨拶周りや、家族の卒業・進学・入社準備など、時間に追われる感覚が一層増しておられることでしょう。 「もう時間がない!」と思うのに、相手がゆっくりしているのでイライラすること、ありませんか?あるいは「何でそ …

第142回 謙遜しすぎです~インポスター症候群

職場における実績や周囲の評価は高いのに「自分は大したことが無い」「良い成果は周りの人のお蔭」と自己評価が低い方がいます。 日本の女性管理職比率が低い理由は様々ありますが、こうした自己評価の低さが一因で、管理職となることを …

第139回 対人接触が減る中で気を付けたいバイアス~ハロー効果

緊急事態宣言が久々に解除され、在宅勤務から元の出勤スタイルに戻っていく方も多いことでしょう。 多くの企業の皆様が、コロナ禍で職場におけるコミュニケーション全体が減ってしまったと述べています。 この先、人との接触が回復して …

第135回 メリハリ

在宅勤務となって仕事のメリハリがつきにくくなったというお話をよく伺います。今回は、文字にしてみるとちょっと不思議な「メリハリ」について考えてみましょう。 「メリハリ」とは メリハリは、邦楽用語として尺八の低い音を「減り( …

第129回 再点検!セクシャルハラスメント

オリンピックに関連して、重なる不祥事、今回はタレントの容姿に関する言動でした。 セクシャルハラスメントというと身体的接触や性的な話をイメージする方が多いと思います。容姿や年齢、身体的特徴に関する言動もセクハラの典型例とな …

第124回 文脈効果を高めるには

年始早々の首都圏での緊急事態宣言、これまで通勤での勤務に戻っていた方の中には、再びリモートワークとなって、思ったように仕事が捗らないと感じる方も増えてくるでしょう。 リモートワークはアドバンテージが沢山ありますが、特にコ …

第122回 気をつけよう!こころの「過冷却」

先日、雲にぽっかり穴の開いたような、「穴あき雲」が日本各地で見られました。「横になった猫のよう」、「龍の目みたい」など、空を見上げた方たちのつぶやきに心が和んだものです。 私自身、室内にこもってPCやモバイルに向かう時間 …

第120回 気をつけよう”学習性無力感(learned helplessness)”

「学習性」と聞くと、勉強に関連するもので、ビジネスには無関係と思うかもしれませんが、学習性無力感は、“自分が無力であることを学習してしまう問題”のことをいいます。 新型コロナウィルスの直接・間接の影響で職場全体が苛立ち、 …

1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © GrowMind (グロウマインド) All Rights Reserved.