金融機関に勤務した経験を持ち、金融など様々な業界のビジネスパーソンの支援に携わってきた公認心理師・臨床心理士/東京・日本橋至近のオフィス

金融機関に勤務した経験を持ち、金融など様々な業界のビジネスパーソンの支援に携わってきた   公認心理師・臨床心理士によるカウンセリングオフィスです。

仕事もプライベートも充実させたい皆様のライフ/キャリアを支援します。

東京駅、日本橋駅至近で働く皆様がご利用しやすい立地です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

お知らせとコラム・マインドストレッチ

第129回 再点検!セクシャルハラスメント

オリンピックに関連して、重なる不祥事、今回はタレントの容姿に関する言動でした。 セクシャルハラスメントというと身体的接触や性的な話をイメージする方が多いと思います。容姿や年齢、身体的特徴に関する言動もセクハラの典型例とな …

第128回 過去最大のケアが必要?新入社員の“リアリティショック”

学生から社会人へのトランジション(移行)は、喜びと同時にかつてない困難にも遭遇する、非常に複雑で難しい課題です。 とりわけ“就職以前に抱いていた期待や夢”と“現実”とのギャップによる「リアリティショック」をどう乗り越える …

第127回 良質の「おせっかい」

「おせっかい」は、「出しゃばって世話を焼く」、「不必要に人に立ち入る」という意味で、ネガティブに使われることが多い言葉です。しかし、コロナ禍で職場の同僚との接点が減り、孤独を感じやすくなった今、気遣いに満ちた良質のおせっ …

第126回 「人から言われたひと言がなかなか頭から離れない」というあなたへ ~「心のフィルター」というバイアス

コロナ禍が職場の人間関係からくるストレスにどのように影響しているかは、大規模調査が乏しいので何ともいえないですが、面談の中では、リモートワークで職場のコミュニケーションが減って孤独感が強まったと述べる人がいる一方、苦手な …

第125回 レジリエンス

心理学でレジリエンスとは、「困難からの精神的回復力」を表します。 昨年11月に出発した宇宙飛行士の野口聡一さんが、コロナ禍からの回復を願って宇宙船に「レジリエンス」と名付けたことでも話題となりましたね。 「ストレス」も「 …

第124回 文脈効果を高めるには

年始早々の首都圏での緊急事態宣言、これまで通勤での勤務に戻っていた方の中には、再びリモートワークとなって、思ったように仕事が捗らないと感じる方も増えてくるでしょう。 リモートワークはアドバンテージが沢山ありますが、特にコ …

第123回 いなくたって大丈夫「いつもの仲間」

今年は「感染」をキーワードとして、「集まる」ことについて考えさせられる1年でした。 最近気になる言葉が出てきたので、今回はそのことについてお話します。 「いつもの仲間」~政府の分科会からのメッセージ 飲食店での会食が感染 …

第122回 気をつけよう!こころの「過冷却」

先日、雲にぽっかり穴の開いたような、「穴あき雲」が日本各地で見られました。「横になった猫のよう」、「龍の目みたい」など、空を見上げた方たちのつぶやきに心が和んだものです。 私自身、室内にこもってPCやモバイルに向かう時間 …

第121回 武士の精神修養としての肥後菊の栽培

先週、新宿御苑の菊花壇展に行ってきました。 年々細くなってしまった菊の株を丈夫にしようと、YouTubeの情報に従った手入れしたのが大失敗、花付きも悪く、がっくりしていたところでしたが、古くから各地域に伝わる伝統の菊を公 …

第120回 気をつけよう”学習性無力感(learned helplessness)”

「学習性」と聞くと、勉強に関連するもので、ビジネスには無関係と思うかもしれませんが、学習性無力感は、“自分が無力であることを学習してしまう問題”のことをいいます。 新型コロナウィルスの直接・間接の影響で職場全体が苛立ち、 …

PAGETOP
Copyright © GrowMind (グロウマインド) All Rights Reserved.